こどもHOPEプロジェクトの活動は非営利を目的としています。

 

1.剰余金の分配をおこないません。

2.解散したときは、残余財産を国や一定の公益的な団体に贈与を遵守します。

3.今までに剰余金の分配をしたことはありません。

 

 

目的および事業

 

(目的)

 

この活動は、地域社会に対して、住民参加と相互扶助の精神のもと、主として文化及びスポーツ活動(主にヨガ)を通じ、まちづくりの推進を図る活動を行うとともに、教育機関へのヨガの普及、東日本大震災復興の支援を図る活動を行うことで、地域社会全体の利益に寄与することを目的とする。

 

(特定非営利活動の種類)

 

この活動は、活動の目的を達成するため、次に掲げる種類の特定非営利活動を行う。

1.まちづくりの推進を図る活動

2.文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動

3.環境の保全を図る活動4.教育機関へのヨガの普及活動

5.前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

 

(事業)

 

この活動は、活動の目的を達成するため、次に掲げる非営利活動に係る事業を行う。

1.地域の公園緑地、文化及びスポーツ施設に関する調査研究事業

2.地域の公園緑地、文化及びスポーツ施設を利用する活動を支援する事業

3.地域の教育期間、教育方針及び育児支援に関する調査研究事業

4.環境保全に関する各種の調査

5.文化及びスポーツ施設の運営に関する相談及び支援事業

6.地域の子ども会活動及び老人グループ活動の支援事業

7.文化及びスポーツ施設の運営・管理に関する事業8.前各号に掲げる事業を行うため、関連情報の整備と公開の事業



 

現在、NPO団体申請、一般社団法人申請を申請準備をしています。
尚、NPO団体設立は無料となりますが設立までに約6カ月かかります。一般社団法人の場合、設立期間は短くすみますが初期費用がかかるため、早くて6月以降、遅くて10月ごろに非営利団体となることを見込んでいます。
こどもHOPEプロジェクトの活動がより安定し、安心し活用いただけるよう最適なものを検討していきます。